1. 痛風にならないためのザイロリック通販   >  
  2. 副作用を回避するには

副作用を回避するには

尿酸値を低下させる働きを持っているザイロリックですが、治療薬である以上は副作用を引き起こす可能性もあります。

よくいわれる副作用の症状には、食欲不振や胃もたれ・発熱・倦怠感・軟便・下痢などがあります。

ただこれらの症状は、正しい服用方法をおこなえば少ないと言われているのです。故意に服用量を増やしたり服用の回数を増やすなどのことをしなければ、副作用は比較的抑えることができます。

なかには治療効果を高めて、早く治療したいと考えて自己判断で服用量を増やす方もいますが、絶対してはいけません。

効果が高まることはなく、副作用だけが強くなる恐れがあります。正しい用法・用量を守った上で服用することで安全に高い効果を得ることができるのです。

ザイロリックの服用方法は、症状に応じて変化します。症状が軽い場合の目安は、1日に200〜300mgを2〜3回に分けて服用することです。
そして症状が重い場合は、1日700〜900mgを2〜3回に分けて服用することが目安となります。いずれも食後の服用がおすすめです。

ただ体質的に薬が効きやすかったり、少し体調を崩している時には薬の作用が強めにあらわれることもあるので、注意しましょう。

少なめの量から服用をはじめて、規定内量の範囲で自分自身に合う量を摂取することがおすすめです。

今ザイロリックを服用していて、副作用が辛いという方は規定量を超えていないかどうか確認して、正しく方法にするだけで副作用が緩和されるかもしれません。

またこれからザイロリックの服用を考えている方は、症状が重いから1日の最大服用量を初日から摂取するなどの無理はしないようにしましょう。

治療薬といっても、身体が慣れていない成分を摂り入れるので一度に多量摂取すると副作用は強くあらわれやすくなります。

少しずつ量を増やして身体が慣れるようにしたうえで、正しい服用方法で飲むことが大切なのです。