1. 痛風にならないためのザイロリック通販   >  
  2. 服用しない方が良いとき

服用しない方が良いとき

痛風予防として作用してくれるザイロリックは、いつどんな時も服用できるわけではありません。

尿酸値を下げてくれるのであれば、日常的に飲んで痛風が起きないようにしたいところですが、服用しない方が良いときというのは一体どういうことなのでしょうか。

ザイロリックは体内での尿酸の産生を防ぎ、体外への排出を促してくれることで尿酸値の上昇を抑制します。

この働きによって、高尿酸値の方に起きやすい関節内の尿酸結晶を溶かすことにもつながるのです。
尿酸結晶を溶かすことができれば、痛風発作が起きにくくなるので予防ができます。

ただ痛風発作が起きている時も、尿酸結晶は溶かされています。あれほどの強い痛みを感じることには、白血球の攻撃が関係しています。

免疫機能である白血球が、異物と判断した尿酸結晶を攻撃することで、周囲の神経や細胞にも傷をつけながら結晶を溶かしていくのです。このとき赤みや腫れ、激しい痛みを伴います。

このように痛風発作が起きている時にザイロリックを飲んでしまうと、尿酸結晶が溶け出すのを促進させ、痛みや腫れなどが増幅する可能性があるのです。

ザイロリックには鎮痛作用は無いので、必ず痛みが無い時に限り服用するようにしましょう。

もし痛風発作が起きた場合には、ザイロリックの服用をすぐに中断し、痛みが落ち着き次第服用を再開することをおすすめします。

一度痛風発作を起こしたり、高尿酸血症だと生活習慣から体内で尿酸値を作りだしやすい可能性があるので、ザイロリックを上手く利用して上昇を防ぐことが大切です。

そして痛風発作を起こした時に、症状を悪化させてしまわないためにもザイロリックの服用には注意しましょう。